クマや肌トラブルにサヨナラ!睡眠は肌もココロもキレイにする

肌が荒れていると、どうしても不健康&不幸せオーラが出てしまいます。健康的でハッピーな女性に見られるためには、睡眠をしっかりとってライフスタイルの質を高めましょう。ここでは、美容やココロの変化と睡眠の関係について紹介していきます。

睡眠が肌のコンディションを左右する理由

仕事が忙しくて眠る時間が確保できない…。そんな人はすでに肌がボロボロになっているかもしれません。睡眠不足は集中力の低下や体の不調だけでなく、肌荒れやニキビなどを引き起こします。

美肌に欠かせない成長ホルモンは、人間が眠っている間にたくさん分泌されます。つまり、睡眠時間が不足していると、いくら高い美容液を使ってもサプリメントを摂取しても、十分な効果が得られないというわけです。

肌のターンオーバーのカギは睡眠にあり!

成長ホルモンが分泌されることで、肌の新陳代謝も高まりターンオーバーも正常な28日周期で繰り返されます。新しい肌をコンスタントに作り出すためにも、夜はゆっくり眠る時間を確保しましょう。

生理前後は女性ホルモンの分泌バランスが変わるため、睡眠に大きな影響を与えます。眠くなったり、逆に寝つきが悪くなったり、生理中に睡眠トラブルに悩む人も少なくありません。そのため、肌荒れや気持ちの浮き沈みも起こりやすくなるのが特徴です。

幸せホルモン「セロトニン」を増やそう!

寝つきの悪さに悩んでいるときは、幸せホルモンと呼ばれるセロトニンの分泌を活性化させることがポイントです。セロトニンは、喜びや幸福感を感じる役割を持つ神経伝達物質で、太陽を浴びることで活性化します。

セロトニンの分泌が多くなればリラックス効果も得られるので、夜の快眠にも効果的です。さらに、ウォーキングやストレッチで身体をほぐせばセロトニンの分泌が増えてココロも穏やかになります。

量より質!快眠こそ美肌の強い味方

睡眠時間が十分取れないという人のなかには、寝不足をカバーするために休日にまとめて眠ろうと考える人もいます。しかし、睡眠は貯めておくことができないのでいくら休日にたくさん眠っても効果はあまりありません。

また、長く眠ればいいというわけではなく、成長ホルモンの分泌がピークを迎える時間帯に睡眠を取ることがポイントです。美肌のゴールデンタイムとも呼ばれる22時から深夜2時の4時間は、美容のためにもしっかり睡眠を取るように心がけましょう。

まとめ

質の良い睡眠は、容姿の美しさやココロの穏やかさを維持するために欠かせません。睡眠不足を解消して、肌もココロもキレイな魅力的な女性を目指しましょう。

PAGE TOP